2008年09月14日

どもるようになった   〔言葉〕

質問  おしゃべりが上手になったと思っていたのに、急にどもるようになりました。
「お・お・お・おかあさん」「あ・あ・あ・あそ・あそぼ」みたいな感じです。
「おかあさん」「遊ぼう」と正しい発音を伝えていますが、他に気をつけることはありますか?(3歳)

答え  この時期のどもりは『生理的吃音』と言われ、
お話が急に上手になったときに、現れることがよくあります。
おしゃべりが楽しくなり、
伝えたいことが頭にたくさん詰まっているのに、
それに見合う言葉が出てこないときに、
言葉が詰まってしまうのでしょう。

こういう時に大事な事は、
『周りは気にしない素振りをすること』です。

間違った対応で、ありがちなのが、
「ゆっくり話してごらん」と注意したり、
「ガンバレ」と励ましたり、
上手く話せた時に「すごいね」と褒めたりすること。

これらは一見よさそうに思えますが、
そうすることによって、子どもは、
(自分の話し方はおかしいんじゃないか)と意識するようになり、
緊張して、ますます、どもることが多いのです。
お話をすることが、楽しいと思えなくなると、
話さなくなる子もいます。

大切なのは、
『正しい発音で話すこと』よりも、『会話を楽しむこと』。

一度おさまっても、また出てくる場合もありますが、
こういう吃音は、自然に卒業しますから、
あまり心配せずに見守ってあげましょう。

タグ:吃音 どもり
posted by まる at 15:58 | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106543634
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。